ギャンブルとの付き合い方

どうも、兼業舟券師トモです。

今回は、「競艇(ギャンブル)で負けている方」へのアドバイス的な記事です。

この記事を読んだからといって、
「競艇で絶対負けなくなる」
「競艇で安定的に稼げるようになる」
みたいな方法ではありませんので(笑)

最悪な人間

まずはじめに、僕の話しです。

僕は、ギャンブルを始めた当初からどんどんのめり込み、初めて約2年で多額の借金(約300万)をしてしまいました。

もともと、TVゲームなどもすぐにのめりこむタイプで、
小学校時代は朝からゲーム、
放課後ゲーム、
寝る前は当たり前にゲームと、
ほとんどの時間をゲームで過ごしていました。

同じようにギャンブルをはじめてすぐに、僕が変わりだします。

時間があればギャンブル、
友達との約束よりもギャンブル、
仕事の暇な時間もさぼってギャンブル、
誰かにウソをついてギャンブル、

依存症に半分足を突っ込んでいました(半分じゃなく全部かも 笑)

もし、あなたがそのような状態であれば「自分を見つめ直す時間」が必要だと思います。

なぜなら、ハッキリと覚えているのですがその当時の僕は、

「昨日の負けを取り返さなくては!」

「今日は新台だから勝てるはず!」

「最近、負け続きだから今日は勝つだろう!」

など、ギャンブルを楽しむと言うより、なにかに理由をつけてギャンブルをしていたのです。

常に頭の中はギャンブルのことだらけ。

しかし、「明日こそ勝ってやる~!!」と意気込む程度で、努力などは一切しない。

例えば、あんまり詳しくないですがパチプロの方達などは、

釘を見れるように勉強したり、
回転数や期待値を計算したり、
設定判別の勉強したりと、

「勝つための行動」をしっかりとったうえで勝負しています。

しかし、その当時の僕は勝つための努力はしない(せいぜい、新台で朝早く並ぶくらい)
で、自分勝手な根拠もない論理で、「明日こそ」「明日こそ」「明日こそ」と唱えるばかり。

そんな状態で勝つハズもなく、身を滅ぼしていきました。

それだけならいいのですが、パチンコに詳しい友人から、

「この台出そうだよ~」

競馬に詳しい友人から、

「この馬は結構良さそうだよ」

という情報だけで、勝負して負けたら

「あいつらのせいで負けた」と人のせいにする始末。

・何一つ勉強もしない

・他人のせいにする

・次こそはと根拠のない自信だけある

といった、「最悪の人間」でした。

もし似たような状態だったり、全然勝てないといった人が見ているのであれば、今回の行動を実践するだけで多少は変わるかもしれないので記事にしました。

※同じような状態の方が今回の方法を実践したからといって必ず良くなるかは不明です。

また、ギャンブルを辞めたいけどやめられない人

負けを取り返そうとギャンブルをし続ける人

ギャンブルが楽しくないけどしてしまう人

身の回りの人がギャンブルにのめりこんで困っている人

ギャンブルが原因で人生が無駄になってるなと思っている人

などはコチラのサイトをじっくり読んで見ることをおすすめします。
【ギャンブル依存症の相談窓口】

ギャンブルで99.9%負ける方法

まず、始めにこの方法でギャンブルをしていたら99.9%負ける方法をお伝えします。

・ハズレるとイライラして負けを取り戻そうと賭け金を増やす

・ハズレたのを誰かのせいにする

・勝手に自分で賭ける理屈をつくる
(連続で頭に1がきたからそろそろ他のが来るだろう・・・など。)

・もし勝っても「勝ってるからもう1レース!」とダラダラ賭ける

・掛け金の上限がない

・賭けるレースを決めていない

・賭け事の収支をわかっていない
(単日ではなく週・月単位)

・根拠のない自信で賭ける
(なぜその選手に投票したのか?を明確に答えることができない)

・無謀な目標設定をしている
(この1万が100万になるハズ)

上記の内容は、僕が競艇で負けている時にとっていた行動です。

この内容に当てはまるの部分が多ければ多いほど、負けている確立が高いです。
(どれだけ負けているのか自体、わからない場合も多いですが。)

どうすれば負けにくくなるのか?

こう言うと、

「イヤイヤ負けにくくなるのじゃなく、勝つためにどうすればいいの?」

と思う方も多いと思います。

しかし、この「負けにくくなる」こそがポイントなのです!

ギャンブルにおいて、自分で決めることができるのは「賭け金」「賭けるレース」だけなのです。

オッズも、利益も自分では決めることができませんよね?

この「自分でコントロールできる」部分をしっかりコントロールすることで負けを減らすことができるのです。

ここを意識しないでギャンブルすると、運で何度か勝ったとしても、いずれ結果的に負けます。(これは断言します!)

コントロールする方法

では、どうすればコントールできるのか?

私が辿り着いた答えは、負けていた時の行動と逆の行動をすることでコントロールしていくことがベストだと考えました。

・外れるとイライラして負け分を取り戻そうと掛け金を増やす
負けてもイライラしない
(100%勝つギャンブルなんてないと理解する)

・外れたのを誰かのせいにしている
なぜ外れたか?を真剣に考える

・勝手に自分で賭ける根拠をつくる
(5連続1頭きたからそろそろ他のが来るだろう・・・など。)
不確定な根拠ではなく、賭ける明確な根拠を作る

・勝っても「勝ってるからもう1レース!」とダラダラ賭ける
引き際をルール化する(100円でも利益がでたらやめるなど)

・掛け金の上限を決めていない
1レース・1日の上限必ずを決める(賭けるレース数・賭ける金額を決める)

・賭けるレースを決めていない
賭けるレースを決める(決めたレース以外絶対に賭けない)

・自分の賭け事の収支をわかっていない
(単日ではなく週・月単位)
収支表をつける

・根拠のない自信で賭ける
(なぜその選手に投票したのか?を明確に答えることができない)
賭ける明確な基準を決める
(競艇で言えば機力がいい・前回優出機・得意枠番・今節平均スタート・水面相性など明確な理由が3つ以上なら賭けるなど)

・無謀な目標設定をしている
達成できそうな目標にする(回収率105%~110%)
(回収率105%~110%が安いと考える人は投資サイトなどの利回りを勉強しましょう)

どうでしょうか?

元プロ野球監督の野村克也氏の名言でこんな言葉があります。
「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし。」

そうです「負ける」のには明確な理由があります。

もしあなたが「負けている」ならその行動を見つめ直してみましょう。

「自分の行動を見つめ直す」

「ダメな行動をやめる」

「行動・考えを変える」

もし、今日負けたとします。
明日同じ行動・考え方で勝つでしょうか?

たまたま勝つこともあるでしょう。
しかし、それが1週間・1か月・1年と長くなればなるほど、
勝つ確率は低くなります。

まとめ

読みにくかったかもしれませんが、どうだったでしょうか?

嫌な気分にさせてしまった人もいると思います。

「お前なんかに言われたくない」

「うるせー、ほっとけ」

「お前がもっと当てればいいだろ」(←もしあなたがこれを思ったら依存症かもしれません)

など聞こえてきそうですが、僕は多額の借金を返すのに約6年ほどかかりました。

その借金が親にバレるまでの間、火の車状態が約1年ほどあり、何度も「死んだら楽になるかな?」と考えたこともあります。

それは、まだ僕が20代前半という人生の中でも大切な時間を無駄してしまったという苦い経験があります。

もし、この記事が少しでもこういう人を減らすことができたらいいなと思って書きました。

※ギャンブルは本当に怖いです。
人の人生を簡単に潰します。

記事の途中でも書いたように、

・どうしても自分ではギャンブルをやめられない方

・内緒で借金してしまいどんどん膨らんでしまってどうしようもないという方

・周りにウソをついてギャンブルをしている方など

自分の生活(人生)に支障をきたす段階になっていたら、依存症の可能性もあります。

一度、依存症チェックをしてみてください。

【ギャンブル依存症の相談窓口】